車もドンドン進化しています。

10年というスパンでなく5年や3年というスパンで見ても

車は年々進化していると言っても良いでしょう。

 

 

その最たるものがハイブリッド車や

電自動車の出現ということになるのでしょうが、

最近とても注目をされているものに自動ブレーキシステムというものがあります。

 

 

自動ブレーキは人間のミスを防止し車同士の衝突を回避するというものです。

自動ブレーキに関しても車のメーカー各社は

争うように開発を進め幾つかの種類の自動ブレーキが開発されています。

 

 

ただし、気をつけたいのは自動ブレーキはどこでも同じというわけでもないことです。

メーカーによって性能が微妙に異なってくるのです。

 

 

トヨタに関してはセーフティセンスCという自動ブレーキを開発しています。

セーフティセンスCはトヨタによると車速10~80km/hまでの間でブレーキが自動で稼働し、

衝突までに最大30km/hの車速を減らせる事ができるのだそうです。

 

 

これはかなり高性能だといえます。

高速道路だと不十分といえるかもしれませんが

一般道での運転の際には有意義に稼働してくれるありがたいシステムだと言えそうです。